ごあいさつ

 生きていく上で、切っても切り離せないのがお金。

将来のことばかり考えて不安になり、今を楽しめない・・・
そんな毎日になっていませんか?

支出を無理やり切り詰めて、やりくりすることだけが、家計管理の目的ではありません。
お金というツール(道具)を使って、自分らしい人生をどう生きるか?をデザインし、
実行していくことが、家計管理の1番大切な目的だと思います。

家計管理をつうじて、あなたが幸せな人生をデザインし実行するサポートをします。

お金の管理で悩んで、溜息をついているのであれば、一度お気軽にご相談ください。 


山田 琴江 Kotoe Yamada

 公認会計士、ファイナンシャルプランナー(FP2級、AFP)、ライフオーガナイザー

 マイライフエフピー認定ライター

 

■自己紹介

幼少期から裕福な暮らしではありませんでしたが、中学生の時に父がガンになり、生活が一変。専業主婦であった母親は、やっと見つけたパートの仕事と父親の看病、子どもの世話に明け暮れる日々。

必死の看病もむなしく、私が高校3年生の時に、父は他界。そんな状況でしたが、どうしても叶えたい夢のため、奨学金をもらいながら大学へ進学し、大学内Wスクールだけで公認会計士を取得。

就職後は、お金に困る生活はなくなったものの、結婚し、子どもが生まれ、お金に関する不安は増える一方。

「保険には入らないといけないの?」

「教育資金はどうやって貯めるの?」

「家はどうしたらいい?」

そんな1つ1つの出来事を誰に相談したらいいかわからず、モヤモヤ。

「わからないなら自分で勉強しよう!」そう思い、第2子育児休暇中にFP2級・AFPを取得。

 

また、子どもが生まれ、家事が増えることで、様々なストレスを抱えるように。そんな時、「その人のクセや価値観にあった仕組み作りをサポートする」というライフオーガナイザーという資格にであい、取得。家族のクセにあった収納方法や時間管理を行うことで、家事に関する時間が大幅に減少♪またお金の管理も、家族に合った方法に変えたことで管理が楽になり、かつ、ストレスも減少♪

 

私と同じように、お金の管理や時間管理にモヤモヤを抱えている人の相談をうけることがあったため、

「自分の経験が誰かの役に立てたら・・・!」

そんな想いで、FP+ライフオーガナイザーとして【時間とお金のサポート】活動を始めました。

  

 

■将来の夢

親の経済力に左右されず夢を追いかけられる子どもを1人でも増やすこと

 

進学するためには、ある程度のお金が必要です。もちろん、やむを得ない事情のため生活するだけでも精一杯、進学や夢を追いかけるのは難しいという事情があるかもしれません。

でも、本当に難しいのでしょうか?

最初から「ダメだ・・・」そんな風に諦める前に、やれることがあります!

 

 

誰もがお金との付き合い方を学ぶ場を創ること

 

日本の学校教育では、お金の使い方を教えてくれることはありません。生きていく上で、絶対に避けては通れないことなのに、なんででしょうか?

「お金は家庭で教えるもの」そんな風潮も感じますが、本当にそれでいいのでしょうか?

 

FPという仕事をしていると、お金との付き合い方に悩んでいる方に多く出会います。

私自身も、どうやってお金と付き合っていったらいいのか迷っていました。

 

そんな経験から、誰もがお金の付き合い方を学べるような場を創っていきたいと思っています。